悪いもの

【爆報】ちんぽ増大でオナ禁した方がいいの!?

投稿日:2018年5月20日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

まことしやかにある「オナ禁すればちんぽが大きくなるのか?」を今回はテーマに、フォーカスしてみました。

私個人的には、もうover30なので、10代や20代の頃のように猿のように毎日毎日やる。もしくは1日に2回も3回も、やらかす事はなくなりました。

最近はもう週に1~2回。もしくは気が付けば、「前回いつやったっけなぁ?」と思い出せない位に、全くやらない期間が長く続く事もしばしばあります。

私なりに色々と増大とオナ禁について色々と調べてみた結果、「増大の為には、ある一定期間のオナ禁は必要だが、その期間を超えたさらなるオナ禁は、むしろデメリットが大きいのではないか?」と言う結論に至りました。

では私の結論に至った根拠について以下にまとめてみました。

オナニーについて

オナ禁とは?男性も女性も、生きている上で欲求の1つとして、食欲・睡眠欲・性欲・物欲・出世欲と色々ある中で、誰しも(特に若い時期に)強く感じるのが‘性欲’です。

その性欲を手っ取り早く解消する方法が、オナニー(マスターベーション)です。

このマスターベーションの回数を制限、もしくは完全に断ち切る事をオナ禁と言います。

よって今までだと通常1週間に3~4回近くやっていたものを完全にやらなくなる事を意味します。
(これが続くかどうか?果たして夢精まで我慢できるかどうか?は、あなた次第だと思います。ある意味で、オナニーの頻度が高いあなたは、一種の中毒状態に陥っている訳ですから。)そう考えれば、麻薬を絶つのと同じ位、辛い事かもしれません。

じゃぁ~ちんぽ増大目的で、SEXであれば問題ないの?とあなたは思われるかもしれませんが、SEXもオナニーを、手でやるか、女性の膣の中でやるのかの違いだけで、最終的には、射精行為に繋がるので、もし仮にオナ禁で増大が可能であれば、性行為も同様に、控えた方がいいと思います。

日本人のオナニー事情

日本人男性のオナニーの平均回数は週2~3回と言うデータがあります。
これはあくまでも平均回数です。これは年代によっても大きく異なってきます。

10代や20代であれば、異性への興味や関心も高い分、性欲も強く、男性ホルモンの分泌も活発に行われる事から、当然週4~5回と、必然的にオナニー回数も増えてきます。

逆に40代~50代になると、加齢・仕事・ストレス・お酒やタバコなどの生活習慣によって、男性ホルモンの分泌が減ってくる事から、闘争心や、女性への性的欲求が減る事から、週1~2回。さらには週0も珍しくはなくなってきます。

ちなみにこんな面白いデータがあります。
TENGAが行った、【オナニー国勢調査2017年】では、全国の15歳-64歳の男性(サンプル数:5,279人)のアンケート調査結果によると以下の結果になりました。

【都道府県別マスターベーション頻度ランキング】
[ベスト5]
1位:神奈川県(3.77回)
2位:兵庫県(3.65回)
3位:静岡県(3.45回)
[ワースト3]
1位:徳島県(1.95回)
2位:山形県(2.10回)
3位:山口県(2.32回)

【マスターベーション時の姿勢ランキング】
1位:椅子に座る(33.6%)
2位:仰向け(27.9%)
3位:横に寝ながら(12.1%)

【マスターベーション時の視覚物ランキング】
1位:無料アダルト動画(79.5%)
2位:有料アダルト動画(17.7%)
3位:妄想(13.1%)

まぁ~男性であれば【姿勢】【視覚物】ランキングの結果は、納得できるのではないでしょうか?
ただ、私的に意外だったのは、【都道府県別】ランキングで、ワースト3にランキングされていた全ての県が「地方都市」であった点です。(田舎の県程、遊ぶ所が少ないので、オナニーばっかりやっていたと思いきや、実際にはそうではなかったようです。)💦

世界と比較

日本人と外国人のオナニーの頻度の比較に関する資料データは、残念ながら見つかりませんでしたが、その一方で、2006年に行われた、国別の週1回以上SEXをする人の割合と、年間平均回数の調査のデータはありました。

その中で対象国:26ヶ国、対象人数26,032人(日本人1,090人)による調査では、以下の結果になりました。

1位:ギリシャ(87%)平均回数:164回
2位:ブラジル(82%)平均回数:145回
3位:ロシア(80%)平均回数:143回
4位:中国(78%)平均回数:122回
5位:ポーランド(76%)平均回数:143回



26位:日本(34%)平均回数:48回

何と日本は26ヶ国中の最下位となりました。上位5位の国の割合・平均回数ともに半分にも及ばない結果となりました。いかに日本人はSEXをしていない国民であると言う事がわかりました。

よってその分、オナニーで性欲を解消していると思うので、日本人のオナニーの頻度は、世界トップレベルの民族なのではないでしょうか?

確かに日本では、過労死問題によって労働環境が過酷なので、プライベートで恋人を作ってSEXを楽しむ事が出来る十分な環境下ではないのかもしれません。それによって草食系男子の増加で、結婚できない男性が増えて、少子化に一層の拍車をかけているのかもしれませんよね?

さらに日本は、AV業界が非常に発展している国です。これは、オナニー文化が定着している1つの要因になっているのかもしれません。

メリット

オナニーをやる事によるメリットについてまとめてみました。

・お肌の調子がよくなる
・ニキビがよくなる
・髭が薄くなる
・AGA(男性型脱毛症状)の改善
・ペニスがデカクなる
・筋肉がつきやすくなり、男らしい身体つきになる
・端整な顔つきになりイケメンになる
・闘争心が溢れるようになる
・積極的な行動をとるようになる
・細かい事を気にしなくなる
・朝の目覚めがよくなる
・加齢臭がやわらぐ

つまりこれらの症状は、オナニーによって放出された精子をつくる為に、脳下垂体から性腺刺激ホルモンの分泌が促される事で睾丸でテストステロンが作られて、増える事で起きる症状です。

男性ホルモンには、善玉男性ホルモン(テストステロン)と、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の2種類があります。
ジヒドロテストステロンは年齢に関係なく一定量が作られます。一方のテストステロンは、25歳をピークに徐々に減ってきます。
そして40代になるとピーク時の約60%程度にまで減少してしまいます。

つまりテストステロンは善玉作用が強いので、上記のようなメリットが生じる一方で、加齢によってジヒドロテストステロンが増えると、悪玉作用から上記の反対の症状が顕著になってきます。その具体的なよい例が男性型の更年期です。

男性更年期の特徴は、やる気が起きない・闘争心がなくなる・ED(勃起不全)・疲れやすいなどのうつに似た症状が出る事です。
つまりこれらの症状も、テストステロンが減り、代わりにジヒドロテストステロンが増えてくる事が、最大級にわたり影響しています。

デメリット

オナ禁による場合と、やり過ぎによる場合の2つの両局面からデメリットを考察してみましょう!

【オナ禁のデメリット】
・生殖機能が退化する
・早漏になる
・ペニスが大きくならない
・更年期障害になる
・男性らしさがなくなる
【やり過ぎのデメリット】
・手や床にこすりつけるなどの強い刺激でしか行けなくなる(膣内射精障害)
・射精するまで時間を要する為に遅漏になる
・遅漏の為に、中折れやEDになりやすい
・女性とのSEXがめんどくさくなる

以上のようにオナニーを禁止すれば、オナニーによって新しい精子をつくる為に、脳内の性腺刺激ホルモンの分泌が促される事による、睾丸内のテストステロンの生成が減る為に、早漏や、ペニスが大きくならない、更年期など、様々な障害が起きる一方で、やり過ぎても、今度は強い手の刺激に慣れ過ぎて、性行為の時に女性の膣の中で射精が出来なくなる膣内射精障害になってしまいます。

つまり適度な回数のオナニーが理想的だと言う事です。(一説によれば、週2~3回程度が理想的と言う説もあります。)

医学的観点から考察(まとめ)

しかし最近の研究から、上記でも説明した、オナニーや、SEXをして精子を放出させる事で、ペニスを大きくしたり、男らしい体つきにさせる善玉男性ホルモン「テストステロン」の生成が増えて、逆に更年期や、やる気減退・AGA(男性型脱毛症)・EDを誘発させる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」は減らない事がわかっています。

具体的にどういう事かと言うと、テストステロンは、「5-AR酵素」によって、「ジヒドロテストステロン」に変化します。この5-AR酵素の量は、年齢に関係なく常に体内で一定の量が存在しています。

当然若い頃は、テストステロンの分泌量が多いので、ジヒドロテストステロンもそれなりに作られますが、25歳頃をピークに、テストステロンが減りだす分、5-AR酵素の量は一定量の為に、ジヒドロテストステロンの生成量が、テストステロンの比率と比べて大きくなると言う訳です。

つまりテストステロンの分泌量が加齢によって減ると、それに比例して、ジヒドロテストステロンも減る訳ではないと言う事です。

さらにある論文では、⇒こちらがその海外の論文内容です。

この内容では、オナニーやSEXによって射精しても、テストステロンの濃度の変化は見られなかったと記されています。

ただし、「3週間程度の禁欲を続けることで、テストステロンの濃度が上昇し、それ以上続けると逆に濃度が減少した。」とも明記されています。

また別の論文ではオナ禁によってテストステロンの濃度が最もあがったのは、7日目で、それ以降は同じく濃度が減り続けると紹介されていました。

そう考えれば、やはりちんぽ増大の為には、適度なオナ禁によってテストステロンの濃度を上げる必要があります。

よって7日おき程度にオナニーもしくは性行為をして射精をするのが、ベストなのではないか?と言う私也の結論に達しました。(さすがに3週間近くにも及ぶオナ禁は、20代~30代の男性にとっては、キツ過ぎですものね?彼女がいる人であれば特に笑)

ヴィトックスα

オナ禁との併用であなたにおすすめの増大サプリが、モンドセレクション2016受賞、国内男性向け通販サイト48ヶ月連続売り上げNo.1(2014~2017年)の『ヴィトックスα』です!

商品情報

商品名 ヴィトックスα
内容量 【カプセル】350mg×10×3シート
配合成分 全127種類(シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカ、赤ガウクルアetc)
定価(1箱)税抜 12,800円
まとめ買い割引 (2箱)38%OFF(3箱)42%OFF(5箱)49%OFF
送料(税抜) 全国一律600円
お支払い クレジットカード/代引き
その他 ヤマト運輸の営業所止め可能
今なら2箱購入で+1箱がおまけでついてくるキャンペーン開催中です!
12,800円×3箱=38,400円の所、2箱の値段25,600円で3箱購入する事が出来るので、33%OFFの1箱あたり8,533円であなたは購入する事が可能です!
Facebook にシェア
Pocket

-悪いもの
-,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2019 AllRights Reserved.