動物由来

すっぽんのペニス増大効果の秘密に迫る!

投稿日:2018年1月24日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

すっぽんも、ペニスの増大系のサプリに一般的に入っている動物系の原材料の1つです。
昔から滋養強壮・精力増強によく効く食べ物として有名です。

そんなすっぽんの増大効果について、栄養素をもとに詳しく見て行きたいと思います。

すっぽんについて

すっぽんについて

スッポンは、爬虫綱カメ目スッポン科キョクトウスッポンに属している亀科の動物です。
中国・北朝鮮・韓国・台湾・日本などをはじめとする東南アジアに広く分布しています。
日本では、北海道を除く本州・四国・九州・沖縄と広く分布しています。

すっぽんの種類としては世界で約30種類程います。
日本に生息している代表的なすっぽんは、「ニホンすっぽん」「シナすっぽん」と呼ばれています。

特徴

体の大きさは体長約30cm、甲羅の長さは約15cm。甲羅の幅は約12cm程です。
甲羅は薄茶色もしくは薄緑色をしており、一般的な亀の甲羅と違って、鱗のない甲羅自体が角質化(エンペラと呼ばれるコラーゲンの塊)になっているので、非常に柔らかいのが特徴的です。よって体が軽い為に、亀よりも早く水中で泳いだり、陸上で歩いたりする事が出来ます。

主に川や沼地や湖に生息しています。通常は、水底の砂地の中に身を潜めている事が多いですが、皮膚病にかかりやすい為に、陸にあがって岩の上で甲羅干しをする事もあります。

また鼻と首が長いために、泳ぎながらシュノーケルのように水上に首と頭を出して呼吸をするのも、すっぽんの独特のスタイルです。

さらに「雷が鳴っても離さない」と言われているように、一度噛みついたらなかなか離さないのは、顎の力によって噛む力が非常に発達している事によるものです。(これはある意味で自己防衛の為の行動です。)
もともとすっぽんは、非常に臆病な生き物なので、たいていの場合は、噛みつかれても水の中に戻せば、すぐに離して水の中に逃げて行きます。

そしてすっぽんは、水温が15度以下になると水中の中にもぐって冬眠を開始します。
よって10月頃~3月頃にかけてが冬眠の時期です。

また産卵の時期は7月~8月頃で、一回の産卵で約100個~200個の卵を産みます。
エサは雑食で、水草・魚類・貝類・甲殻類など、なんでも食べます。

食べ方

すっぽんの旬は、10月~12月にかけての冬眠に入る前の時期です。
(この頃が一番脂がのって美味しいからです。)

またすっぽんは、胆のう・膀胱・甲羅・爪以外は全て料理にして食べる事が可能です。
甲羅からはコラーゲンたっぷりのよいお出汁が出る為に、高級料亭では、すっぽん鍋や、すっぽん雑炊として出されます。
さらに食前酒として、すっぽんの生き血とワインで割ったすっぽんワインも出されたりもします。

そしてすっぽんの甲羅の部分は粉末にして、精力剤のサプリやドリンクに活用されます。

栄養素

すっぽんに含まれている栄養素には、
9種類の必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン)の他に、ビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ビタミンC、パントテン酸、葉酸)、ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛)、コラーゲンの他に、血中のコレステロールや、血圧を下げる働きのあるリノール酸なども豊富に含まれています。

健康・美容効果

1.滋養強壮(精力増強)

すっぽんには、9種類の必須アミノ酸や、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。
よって私たちの生命活動に必要な栄養素が全て含まれている為に、滋養強壮効果や、男性の精子はタンパク質(アミノ酸)から出来ている為に、すっぽんに含まれている9種類の必須アミノ酸によって、精力増強に効果があると言われています。

2.成人病の予防

すっぽんに含まれている「リノール酸」には、血液の流れをよくする働きがある他に、中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。
よって高血圧・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの成人病の予防効果が期待出来ます。

3.美肌

すっぽんには、コラーゲンが豊富に含まれています。それゆえにすっぽんを食べた翌朝は、コラーゲンの潤いぷるぷる効果によって、肌にハリ・ツヤ効果を感じる事が出来ると言う訳です。

4.貧血予防

貧血は、赤血球に含まれているヘモグロビンが不足した状態下にあります。
すっぽんには、ヘモグロビンを増やす働きのある鉄分やビタミンB群が豊富に含まれている為に、貧血予防にも効果があります。

5.骨や歯を丈夫にする

骨や歯を形作る為に必要な栄養素はまさにカルシウムです。
すっぽんには、カルシウムが多く含まれていますので、骨や歯を強くしてくれる働きがあります。

ペニス増大効果

すっぽんのペニス増大効果についてなんですが、上記でも述べたように注目すべき成分は、アミノ酸の数と含有量です。
すっぽんには、私たちの身体に必要な20種類のアミノ酸の中で、体内で合成する事が出来る11種類の非必須アミノ酸(アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、チロシン、シスチン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、アスパラギン酸、グルタミン酸)と、体内で合成する事が出来ない為に、食事から摂取する必要性のある9種類の必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン)がバランスよく含まれています。

すっぽんに含まれているアミノ酸の含有量の比較表

アミノ酸100gあたり
(単位g)
アルギニン 4.14g
リジン 2.77g
ヒスチジン1.31g
フェニルアラニン2.05g
チロシン1.42g
ロイシン 3.42g
イソロイシン1.82g
メチオニン 1.00g
バリン 2.21g
アラニン4.70g
グリシン8.81g
プロリン 5.18g
グルタミン酸7.92g
セリン2.38g
スレオニン 2.11g
アスパラギン酸 4.69g
トリプトファン 0.43g
シスチン0.42g

その20種類の中で特にペニス増大に関する働きに深く関与しているアミノ酸が「アルギニン」です。
(100gあたりのアルギニンの含有量が4.14gと、他のアミノ酸と比較しても、割と多く含まれている事がわかります。)

アルギニンには、ペニスを増大させる為に必要な、成長ホルモンの分泌を促す働きや、体内で一酸化窒素を発生させて、血管を広げる。つまり血流をよくしてくれる働きがあるので、その分ペニスの海綿体への血流が増幅されるので、ペニスの増大効果がより一層期待出来ると言う訳なのです。

Facebook にシェア
Pocket

-動物由来
-, ,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2019 AllRights Reserved.