アミノ酸

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)のペニス増大効果は?

投稿日:2018年1月9日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

BCAAのペニス増大効果を検証してみました。

BCAAも、比較的に増大系のサプリに多く含まれている必須アミノ酸です。
必須アミノン酸とは、私たちの体にとっては非常に重要な栄養成分であるにも関わらず、体内で合成する事が不可能な為に、食物から摂取する必要性のある成分です。

私たちの体内に必要な必須アミノ酸は全部で9種類(バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン)あります。このうちのBCAAは、バリン・ロイシン・イソロイシンに該当します。

この9種類の中で、1つでも摂取する事が出来ないアミノ酸があると、私たちの体の中ではタンパク質を合成する事が不可能になります。(よって普段の食事から、BCAAが豊富に含まれている肉・乳製品・大豆製品をまんべんなく食べる必要があります。)

特にBCAAには、筋肉増強効果や、運動に伴う疲労回復などに効果があるアミノ酸なので、運動選手や、ボディービルダーには欠かす事が出来ないアミノ酸です。

BCAAについて

BCAAの働きや、多く含む食べ物。さらにはペニスに対する効果について、詳しい情報をあなたにも共有させて頂きます。

BCAAとは?

BCAAは、英語で表記すると「Branched Chain Amino Acids」。
日本語に訳すと、科学構造が分岐構造であると言う事から、分岐鎖アミノ酸(分岐構造を持つアミノ酸)とも呼ばれています。

冒頭でも述べた通りBCAAは、食品から摂取する事が出来ない必須アミノ酸なので、食物中に含まれているタンパク質を構成しているアミノ酸のBCAAに占める割合は50%にも及びます。
さらに私たちの体の筋肉を構成しているタンパク質の必須アミノ酸のBCAAに占める割合は約35%にも及びます。

つまりそれだけBCAAは、筋肉を維持したり、増大をする為には必要不可欠な必須アミノ酸であると言う事がわかります。

主な働き

BCAAの主な働きについてなんですが、

その1)筋タンパク質の分解抑制

激しい運動や筋トレをする事で、筋タンパク質が傷ついて分解が始まります。
しかしこのBCAAのうちの特にロイシンには、運動直前に摂取する事で、血中や筋肉中のBCAAの濃度が上昇をして、この傷ついた筋タンパク質をすばやく修復してくれる働きがあります。
つまり筋肉量の減少を防いでくれる働きがあると言う訳です。
(さらにロイシンには、すい臓からインスリンの分泌を促進させて、筋タンパク質の合成を促してくれる働きがあります。)

その2)疲労感の緩和

疲労を感じるメカニズムの1つは、血中からトリプトファンと呼ばれる物質が脳内に行き渡り、さらにトリプトファンからセロトニンが生成される事で、疲労を感じるようになります。
しかしその一方で、運動直前にBCAAを摂取して血中のBCAA濃度を高めておく事で、血液からトリプトファンを脳内へ取り込む事を阻止してくれます。(つまり運動や筋トレに伴う中枢性疲労の予防と、早い回復力に効果を発揮してくれると言う訳です。

またBCAAには、クエン酸回路と呼ばれている、疲労物質などの乳酸をエネルギーに変換する為の重要なサイクルに必要な成分です。よってBCAAが不足する事で、体の中に乳酸が蓄積し続ける為に、疲労感をより一層感じ始めます。

つまりBCAAには、このクエン酸回路をスムーズに行い、運動に伴う乳酸の蓄積を抑えてくれる働きがあるので、運動能力の向上に成果を発揮してくれます。

その3)持久力のアップ

運動や筋トレ時にはエネルギーを大量に消費します。そのエネルギー源となる栄養素が、糖分や脂肪やアミノ酸やタンパク質です。特に運動時に糖分である「グリコーゲン」が不足すると、私たちの体の中ではエネルギーを補おうとして、筋肉のタンパク質から補い始めます。つまり筋タンパク質の分解が始まるのです。そしてすぐにバテてしまう結果になります。

よってそれを防ぐためにもアミノ酸である「BCAA」を、運動前に十分に食事やサプリから補っておく必要があります。

その4)肝機能のアップ

BCAAには、肝機能をアップさせる働きがあります。特に上記でも述べたようにエネルギー源の「グリコーゲン」は、肝臓に蓄えられるので、持久力を高める上でもBCAAを摂取して、常に肝機能を高めておく事は非常に重要です。

摂取量の目安と副作用

BCAAの1日の摂取量の目安の基準値としては、厚生労働省の基準によれば、

体重1kgに対してバリン(26mg)、ロイシン(39mg)、イソロイシン(20mg)です。

つまりバリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1が理想的なバランスになります。

例)60kgの男性であればバリン(1,560mg)、ロイシン(2,340mg)、イソロイシン(1,200mg
の合計でBCAAの1日あたりの総摂取量の目安は、5,100mgにも及びます。

これを食事だけで摂取するとなるとかなり無理がありますので、より1日の摂取量の目安に近づける為に、サプリメントとの併用が有効になってきます。

そして気になるのがBCAAの過剰摂取による副作用です。
アミノ酸は基本的に、体の中で必要な供給量を超えた場合には、尿として排出されます。
その一方で、度を超えた過剰摂取は、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。
よって肝機能や腎機能の低下による副作用が生じる危険性があります。また下痢を生じる副作用の報告もあります。

基本的には、普通にBCAAを多く含む肉・魚・大豆製品・乳製品などをバランスよく食事から摂取するとともに、それにプラスして、1日に定められた量のサプリメントを摂取さえしていれば、副作用のリスクを極力回避する事が出来ると思います。

より早く効果を出したいと言う焦る気持ちはわかりますが、口にするものである以上は、サプリメントの摂取量の目安を守るという事は、非常に重要になってきます。

多く含む食品

BCAAを多く含む食べ物は、魚(まぐろ・かつお・アジ)、肉(鶏肉・牛肉)、卵、大豆製品(豆腐・納豆)、乳製品(牛乳・チーズ)などです。

これらの食品の中にBCAAが多く含まれています。
ちなみに上記に含まれているBCAAの含有量は、以下の通りになっています。

・まぐろ赤身(100g):4,800mg
・かつお(100g):4,300mg
・アジ(約1匹):3,760mg
・鶏胸肉(100g):4,300mg
・納豆(50g):1,305mg
・牛乳(200ml):1,360mg
・木綿豆腐(1/4丁):1,210mg
・チーズ(約20g):1,020mg

比較的お魚に多く含まれている事がわかります。
さらにBCAAと併せて摂取して貰いたい栄養素は、ビタミンB1やビタミンB2です。
ビタミンB1やビタミンB2には、BCAAと伴に、効率的に糖分や脂質をエネルギーに変換してくれる働きがあるからです。

気になる増大効果は?

BCAAに対する増大効果についてなんですが、
上記のBCAAの効果からもわかるように、どちらかと言えば増大効果と言うよりも、「疲労回復」と「運動能力(持久力)の向上」目的で増大サプリに入っている感じです。

恐らくその理由は、増大目的のヒトは、やはり何がしらの性行為に対する悩みを抱えているからだと思います。(例えば、EDや精力減退や中折れなど。)

さらにペニスの増大の為には、脳が感じるストレスは、増大を促す為の成長ホルモンの分泌の妨げにもなります。(BCAAには、脳が感じるストレスに伴う疲労を軽減する働きがあります。)

そう言った意味からもBCAAを摂取する事は、増大を含めて総合的にあなたの下半身のお悩みを解決してくれる重要なアミノ酸の1つである事は間違いないと思います。
(よって摂取しておいて損はないアミノ酸だと思います。)

ちなみに増大目的で摂取するのであれば、血流環境をよくしてくれる働きのあるアミノ酸「アルギニン」もおすすめです。
BCAAとアルギニンを同時に摂取する事で、より効果が高まると思います。

そんなBCAAとアルギニンを同時に摂取する事が出来るあなたにおすすめのサプリが、「クラチャイダムゴールド」です。
クラチャイダムゴールドは、クラチャイダム100%使用のサプリです。
クラチャイダムには、マカの3倍以上ものアルギニンが含まれています。さらにBCAAもマカよりも多く含まれている植物です。

>>マカ超えの強力サプリメント「クラチャイダムゴールド」公式サイトはこちら

>>アルギニンサプリランキング

Facebook にシェア
Pocket

-アミノ酸
-, , , , ,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2019 AllRights Reserved.