成長

ペニスが思春期に大きくなって行く過程

投稿日:2017年9月14日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

ベニスは、子供から大人へと体が大きく変化をして行く思春期(第二次性徴期)において、ミニマムペニスから、大人のペニスへと大きさが大きく変化して行きます。

ではなぜ思春期にこのような変化が生じてくるのでしょうか?医学的用語を使いながら具体的に説明をして行きます。

男性ホルモンの分泌

脳の視床下部からGnRH(ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが放出される事で、下垂体から分泌されるゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)と、性腺から分泌される性ステロイドホルモンの値が上昇して、最終的に精巣で作られるテストステロン(男性ホルモン)の分泌量が活発になる事で、二次性徴の発現が促されるようになり、ペニスがじょじょに大きくなって行きます。

ちなみに第一次性徴期はいつから始まるのか?と言うと、それはつまり、お母さんのお腹の中で、卵子のX染色体と精子のY染色体が受精をしてXYの染色体を持つ事で、性別が男性に決まります。(ちなみに女性はXXの染色体になります。)そして妊娠・発育の過程で、母親のお腹の中で男性ホルモンを浴びながらペニスの形成が始まった時が、第一次性徴期となります。

第二次性徴期のペニスの成長の過程

そして生まれてから多少の大きさの違いはありますが、子供サイズの小さいなペニスは、第二次性徴期(個人差はありますが、10歳~18歳頃)。いわゆる思春期と呼ばれる成長期に入ると、ペニスも大人の立派なサイズへと変化をして行きます。
そのペニスの変化の過程は以下のようになります。

第1期.成長期前の為に特に変化はなし。

第2期.陰嚢が赤みを帯びながら大きくなってきます。(睾丸も同時に大きくなります。)

第3期.ココで陰茎もじょじょに大きくなって行きます。(陰嚢と睾丸もさらに大きくなって行きます。)

第4期.ココで亀頭がじょじょに肥大して行きます。(陰嚢・睾丸・陰茎ともにさらに大きく成長して行きます。)

第5期.陰嚢/睾丸/陰茎/亀頭全てが成熟した状態になります。

こうしてみると、まずはペニスの竿の部分が真っ先に大きくなるのか?と思いきや、実際には、陰嚢や睾丸が先に大きくなって行くのがわかります。
確かに第二次性徴期は、睾丸で作られるテストステロン(男性ホルモン)の分泌量が増える事で起きる成長のシグナルです。よって最初に陰嚢や睾丸が大きくなるのは当然の事です。

そして早いヒトであれば15歳頃に。遅いヒトでも高校卒業あたりの18歳頃までには第二次性徴期が終わり、大人の立派なペニスが形作られます。
ただし本当に個人差がありますので、第二次性徴期は、男女ともに身長が大きく伸びる時期でもあります。20歳を過ぎても身長が大きく伸びるヒトもいるように、20歳を過ぎてからペニスが大きくなるヒトも中にはいるようです。

その他

第二次性徴期には、テストステロン(男性ホルモン)の影響で、ペニスや睾丸が大きく成長する以外にも男性は、以下のような体の変化が生じてきます。

1.喉ぼとけが出て来て、変声期(声変わり)が始まる

2.筋肉が発達し始めて、全体的にがっちりとした体形に変化する

3.体毛(髭、脇毛、腕毛、陰毛、すね毛)が生えてくる

4.夢精(初めての射精)を生じる

>>ペニス増大サプリ人気ランキングはこちら

Facebook にシェア
Pocket

-成長
-, , ,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2018 AllRights Reserved.