植物由来

唐辛子のカプサイシンにはペニス増大に効果有り?その理由とは?

投稿日:

Facebook にシェア
Pocket

今回は唐辛子に含まれているカプサイシンの成分が、ペニス増大によい効果を発揮してくれるかもしれないその理由について、フォーカスしてみました。

まずは、カプサイシンについてお勉強をしてみましょう!

カプサイシンとは?

カプサイシンとは、唐辛子に含まれているあの特有の激辛成分です。

食べると舌の味覚神経を刺激して、辛さを感じるようになります。

さらに体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせて、発汗や強心作用を促進させます。

よって辛い唐辛子の入ったキムチ料理を食べると、汗をかいたり、心臓の鼓動が高鳴ったり、身体が熱くなるのは、カプサイシン効果によるものです。

また気体化しにくく、熱にも強い為、砕いたり、熱を加えても、辛みが減る事はありません。

そして水には溶けにくいですが、酒・アルコール・酢には溶けやすい為に、唐辛子を漬けたお酒やラー油などは、非常に辛くなります。

効果について

唐辛子に含まれているカプサイシンの効果についてまとめてみました。

1.血流改善

血の巡りが悪くなると、身体の細胞の隅々にまで、栄養や酸素が行き渡りにくくなるので、様々な成人病の原因にもなります。

カプサイシンには、代謝を促して、血流を改善させる働きがあります。

2.コレステロール値を下げる

コレステロールは細胞を作る上で、非常に重要な成分ですが、逆に増えすぎると、動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞が起きる要因にもなります。

カプサイシンには、そんなコレステロール値を下げる働きがあります。

3.冷え性改善

女性に多い冷え性。(最近は男性も増えています。)冷え性が続くと、基礎代謝量が当然減るので、太りやすくなったり、臓器の活動が低下して、消化や栄養の吸収力も低下します。
(その他、頭痛・めまい・腹痛・むくみ・立ちくらみの原因になります。)

カプサイシンには、血管を広げて血流を改善させる事で、身体を温めて、冷え性を改善させる働きがあります。

肥満予防

カプサイシンには、発汗作用によって代謝をよくしてくれる働きの他に、脂肪燃焼を促す働きもあります。

具体的にはカプサイシンには、アドレナリンの分泌を促す働きがあります。
アドレナリンが分泌されると、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化されるので、脂肪が燃焼しやすくなると言う訳です。

食欲増進

あなたも辛い唐辛子を使った料理を食べて、一気に食欲を増した経験があると思います。

それは、カプサイシンの効果によって、唾液や胃液の分泌が活発になり、胃の働きが活発になってくる影響によるものです。

ペニス増大に対するアプローチ

以上のようにカプサイシンには、血の巡りをよくする働きがあるので、つまりその分、ペニスの抹消血管まで、血流以外にも酸素や栄養が、細胞の隅々にまで行き渡るので、十分増大効果が期待できると言う訳です。

さらに血の巡りがよくなると、代謝がよくなるので、太りにくくなるだけでなく、老廃物が排出されやすくなる為に、ペニス増大の大敵の疲労回復にも効果を発揮してくれます。

Facebook にシェア
Pocket

-植物由来
-, , ,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2019 AllRights Reserved.