神社

林下寺は男根パラダイス神社でした!男根祈願にもいいかも?

投稿日:

Facebook にシェア
Pocket

今回私は男根祈願目的で、徳島県三好郡東みよし町にある林下寺に行ってきました。その時の様子を口コミレビュー致します。

ちなみに地元では『お花さん』の愛称で親しまれている、西日本随一の性の守護神を祀っている神社だそうですよ!

ご利益は、縁結び・子授・安産・夫婦和合・下の病気の平癒(へいゆ)などの新願成就です。

男根祈願のご利益の効果があるかどうかは、わかりませんが、いずれも下のお悩みに直結した神社なので、今回行ってみました。

写真は全てご住職の了解を得た上で私が撮影したものです。

お寺の紹介・宝物の数々・アクセス・駐車場情報を詳しくあなたにお伝え致します。

子宝はもちろん、下系のお悩みを持っているあなたは、是非ご参考になさって頂ければ幸いです♬

林下寺の由緒

林下寺は、阿波西国観音霊場第十番札所の真言宗御室派のお寺です。

創建は大同年間(およそ今から1200年前)です。

由緒は、お花さんと呼ばれた、林下寺のある東みよし町の蜂須賀家のお姫様が、播州のある城にお姫様または、側室として嫁がれました。しかしお殿様の不在のある時に、同輩の妬みによって、わずか24歳の若さで絞殺されてしまいます。

その後お城内では、奥女中が不審な死を遂げる事件が相次いで起こります。
その事を憂いたお殿様の枕元にある夜、お花さんが立ちすくんでいました。
(そして事件の真相と、性の御仏なる事を自ら告げて、消えていきました。)
それを不憫に思った殿様は、城内に立派な祠を作り、お花の御霊を供養した所、怪奇事件が納まるようになりました。その後、善達と言う僧侶が寛永12年に、この林下寺の敷地内の観音堂に、御霊が移されると同時に男性器を奉納するようになったのがきっかけとなって、林下寺が、男根奉納の由緒となりました。
(これらの由緒によって林下寺は、お花大権現が祀られていると言う訳です。)

お寺の様子

お寺自体はそんなに大きくはありませんでした。

駐車場のすぐ傍に手水舎があり、ココで手を清めて、

釣鐘の赤の門をくぐります。

参拝時間は午前8:00~午後5:00までとなっていました。

こちらが境内です。

境内側の建物(ご住職のお住まい)にもお賽銭箱と鈴紐がぶら下がっていました。

そしてこちらが本殿に続く納経所になります。

あの白い建物は、奉納物殿です。

奉納仏殿の参道沿いには、沢山の石の男根が(磐座?)が並べられてました。

この男根石は本当に御立派なサイズと形をしていました。
(私もこの位大きくなればいいなぁ?笑)

そして奉納物殿に入ろうとした時に、住職さんが先ほどの境内から登場!「先に本殿に参って下さい!」と言われ、一緒に本殿に行きました。

こちらが本殿になります。山深い高台にある趣深い建物です。

本殿について

こちらが林下寺(お花大権現)の本堂です。いきなり黒光した男根が入り口でお出迎え。(笑)

そしてお花さんの御霊が祀られている祭壇がこちらです。

祭壇を取り囲むように奉納された木製の男根が、沢山納められていました。

住職さんいわく、皆さん子宝や安産目的で、My男根を奉納しに来られるそうです。

そして林下寺にお参りをしたら、実際に妊娠をしたご夫婦も沢山おられるそうですよー!(これも間違いなくお花大権現様の性の力とも言うべきかもしれません!)
最近は晩婚化で、なかなか子宝に恵まれないご夫婦が増えているので、林下寺にも子授け目的で、多くのご夫婦が、お参りに来るそうです。

「子宝に恵まれますように」と書かれた絵馬も幾つかありました。

奉納物殿について

そしてこちらが先ほど少し紹介した奉納物殿です。
入場料が200円必要です。本殿参拝は無料です!)

中はこんな感じです。祭壇を中心に、こちらにも個人が奉納した沢山の木製の男根物が展示されていました!

祭壇の中心の仏壇の横にはなぜか?マリア様の像まで!(仏教・キリスト教が入り乱れています💦)

この白い服を着て取材を受けているのが、若かりし頃の住職さんです。
(とっても穏やかで、品のいい感じの住職さんでした。奉納物殿の男根物について、1つ1つ丁寧に解説してくれました!)

こちらは祭壇の中心の仏壇です。蛇かトラのような目の部分の赤い生き物が、何かを咥えているのがわかります。

こちらはインドの女性の神様だと住職さんがおっしゃていました。ヒンドゥー教まで混在していました。💦

祭壇の周りに置かれていた奉納物です。
(しかし皆さんこの木製男根を誰に依頼して作られたんでしょうか?不思議です。まさか自作?この点について、住職さんに聞くのを忘れてしまいました。😢)

本当に精巧に出来ていました。そして男根に「奉納」と「名前」や「住所」が書かれていました。

こちらは巨大男根の奉納物です。

中は空洞になっていて、お花さんの穴隠宝だそうです。
そしてここをくぐると、お花さんの加護を受けて、無病息災になるそうです。

こちらがくぐる穴です。
「穴の中に入ってみますか?」と住職さんに言われましたが、さすがにお断りしました。
しかしこんな太い木をくりぬいて作った、木製男根凄すぎます!この大きさの男根を奉納する位の人ですから、きっと財力のある方に違いないです!そして子宝にもきっと恵まれた事でしょうね!

さらにこちらは二股男根の奉納物です。こちらも見事なリアルな出来栄えでした!しかも黒光りしていましたし。太くて大きいので、私も触らせて貰いました。(これで私もデカちんになれる気がしました!笑)

こちらの奉納物は、非常にキレイな木目調で、光沢感のある男根の奉納物でした!磨かれているせいでしょうか?本当に頬ずりしたくなる程の?(笑)つるつるピカピカでした!✨

さらに女性の身体を模した奉納物もありました。
(金精神社では一般的に、男根以外にも、女性の裸体も奉納されているパターンが多いようです。)

こちらの樽の中に入った人形は、インドネシアのお土産で、お客さんが持ち込んだ物だと、住職さんは言っていました。

樽を持ち上げると、なんと巨大ペニスがびよぉぉぉ~ん!と出てきました!(笑)

皆さん子宝に恵まれたい一心なのでしょうね?男根物の周辺には、お賽銭が沢山置かれていました。

私も皆さんに真似て、お寺の外にあった石の男根に、お賽銭を置いてきました!(もちろん私のペニスが大きくなる為です。)

アクセス

林下寺のアクセス方法です。
大きな看板も出ていて、非常に分かりやすかったので、迷う事無くお寺まで行く事が出来ました!

国道192号線を使って徳島市内から池田方面に向かって走っていると、このお花大権現入口の看板があります。

看板を通り過ぎるとすぐに下に下りる道がありますので、下りて行きます。

下りて今度は川の堤防に向かって走るとすぐに、川の反対側を渡る橋を渡り、左折します。鉄道橋をくぐると、

二股の道がありますので、の方向に向かって進みます!

なだらかな山道を登りきると、

林下寺に到着です!(徳島市内からだと約1時間半程度のかかる道のりでした。)

駐車場は7台程度停める事が出来ました。(駐車場の上が本殿になります。)

参拝を終えて

以上のように林下寺は、確かに西日本随一の性の守護神(お花大権現様)を祀る偉大な神社でした!

沢山の男根の奉納物が、本堂にも境内にも、所狭しに置かれていて、見るものを圧倒します。

そんなありがたいお花大権現様にお参りする事が出来て、本当に幸せな気持ちになりました。
(これで私もビッグペニスになれそうな気がしました。)

もちろん、子宝・安産・夫婦和合・下の病気にお悩みのあなたにも、絶対に訪れて貰いたい金精神社です!
林下寺でお参りをして、あなたの性のお悩みや、子宝に恵まれますように、お祈り申し上げます。

【林下寺】
[住所]徳島県三好郡東みよし町中庄2271
[電話]0883-82-2364
[参拝時間]AM8:00~PM5:00
[アクセス]JR江口駅から南へ約800m

>>全国の金精神社おすすめ10選はこちら

Facebook にシェア
Pocket

-神社
-, , ,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2019 AllRights Reserved.