ちんトレ

金玉を冷やす金冷法によってペニスの増大を目指そう!やり方とは?

投稿日:

Facebook にシェア
Pocket

今回は男性のたまたまを冷やす『金冷法』についてご紹介致します。この方法を実践する事であなたも、増大・精力増強・男性不妊・EDなど、下半身のお悩みにトータルで効果が期待できるかもしれません!?

そんな金冷法についてやり方や、増大につながる根拠などについて、フォーカスしてみたいと思います。

金冷法について

金冷法は古代のローマが起源と言われている、男性の睾丸を活性化させる方法です。

ちなみに睾丸が最も活性化する温度はヒトの体温よりも2~3度低い33度前後がベストな環境温度と言われています。
37度にも上昇すると睾丸内が熱くなりすぎて、中の精子が全て死滅してしまいます!)

そして睾丸は、精子を作ったり、男性ホルモンの分泌を司る重要な器官でもありますので、睾丸機能を活性化させる事で、精力増強をはじめ、ペニスの増大や、質のよい精子を製造する事が出来るので、男性不妊にも効果を発揮してくれると言う訳です。

なによりも、お薬やサプリや器具を使う必要もありません!使用するモノはお水・お湯・あなたの手だけの超簡単エクササイズです!(笑)

増大効果もある理由について

上記で述べたように睾丸の最適温度は31~33度です。
睾丸の周辺の温度が上昇すれば、陰嚢の表皮がより一層伸びて‘だぁら~ん’として行きます。
これは睾丸の精巣機能を守るために、放熱しているからです!
(あなたも経験があるかと思いますが、お風呂やサウナから出て陰嚢が‘だぁら~ん’とタヌキの置物の玉袋のように伸びて、「なんじゃぁ~こらやぁ!」と思った経験があるのではないでしょうか?まさにその状態です!)

>>サウナは増大に悪い記事を合わせて読むはこちら

つまり冷水をかける事で、睾丸内の上昇した温度を下げて、適温の31~33度にする事が出来るので、精巣機能が活発になって、不妊や精力が増強されます。さらに温水と冷水を交互にかける事で、血行改善にもつながります。
(血流改善は、海綿体組織への血流促進にもなるので、EDなどの勃起不全や、ペニスの増大効果へ繋がると言う訳です!)

実践方法

金冷法のやり方は超簡単です!

1.シャワーのお湯を睾丸にかける

2.シャワーで冷水を睾丸にかける

①と②を交互に1分間ずつ行いながら且つ、軽く睾丸を優しくマッサージをするだけです!

非常に簡単ですよね?お湯やお水がもったいないのであれば、洗面器を2つ準備して、お湯と冷水をそれぞれに入れて、交互につけたり、かけたりしながらやるのでもokです。
(お風呂のお湯をかけて、その後に洗面器に溜めた冷水に睾丸をつけるのでもokです。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

金冷法で、睾丸を冷やす事で、精巣機能が活性化するので、男性不妊は勿論の事、男性ホルモンの分泌や血流の改善が促進されます。よって、増大・精力増強・ED効果などにも効果が期待出来ます。

準備するものは。お水とお湯だけです!
短小ペニスにお悩みのあなたは、今日からお風呂場で、金冷法を実践してみてはいかがでしょうか?

Facebook にシェア
Pocket

-ちんトレ
-, , ,

Copyright© ちんぽ増大サプリランキング|人気商品の効果を試してみた口コミ体験 , 2019 AllRights Reserved.